古いダンパーを処分するにあたって、要らないものは他にないかと
色々漁ってたら、状態のよさげなタイロッドエンドが出てきた。

一個は新品未使用、もう一個は使用済みだけどボール自体に
まだまだ抵抗感があるのでブーツとグリス入れ替えだけ。
シトロエンAX



部品が急に必要になってすぐ入手できないときの
応急処置に使ってもいいし。

あくまでも応急処置用ですよ


新品は手で動かそうとしてもビクともしない、それが正常状態。
指でスコスコ動くのは終了部品。

グリスは色々見解があるだろうけど、モリブデングリスで。

モリブデンは粒子がボールベアリングの役目をして耐荷重にすぐれるが、
それが摩耗を早めるとも言われてるらしい。

ギアリンケージとかのボールくらいだったら、ウレアグリスで十分だけど
ドライブシャフトアウターとかアームボールジョイントとかココは
それでもモリブデンを使用したいですね〜。


ブーツは大野ゴムの汎用品を使ってリングで留める。
シトロエンAX タイロッド


細いほうはリング溝ないのと、内径がきつめのを買ってあるので
こんな感じで。

使ってみて上からグリス漏れるようなら、この上もリング溝のある
スズキ純正でも使ってみるつもり。


ちょっと備忘録、、、
03/21 ハンドルセンター出し
それに伴うタイロッド調整作業


・外側:正ねじ
・内側:逆ねじ

☆内側左:センターに立って、右向いて
  時計回り(上から下へスパナまわす)で縮む(トーアウト方向へ)

☆同右:センターに立って、左向いて
  時計回り(下から上へスパナまわす)で縮む(トーアウト方向へ)

リア  測定地点A−A” 1458mm
フロント 測定地点B−B" 1459mm

トータルトーアウト 1mm


タイロッド調整