先月、怪鳥2号が誕生してから、周囲の人間関係的な疲れで
ヘロヘロだったときに、圧入を先行してお願いしていたBさんから
ドラム通信が(*´ω`*)

純正だとベアリングは圧入された状態の所謂ASSYで部品
でますが(今は部品自体出るか定かでは。。。)、社外品なので
ベアリング別体式です。

圧入は出来たようですので、あとは気力湧いたときにシトロエンAXを
持ち込んでドラム交換してもらうだけ(^^♪

リアが2.5穴なので心配といえば心配なので最悪JAFと保険ローダー
でピットインかな。

右リアが効きが悪いと予備検で指摘されているので反対側も
開けてみてみたいけど、まあそのとき次第ですな。


ドラムを火であぶって高温にして、ベアリングを冷凍庫で凍らせて
金属の膨張収縮を利用してベアリングをスコンと入れる方法もあるらしいですが
合体後、すぐ水で冷やさないとゴムシール部が溶けてしまいますわw

ドラム内径とベアリング外径のクリアランスは0.05mm。



挿入前
シトロエンAX ベアリング



何か良いサイズのソケット?があったようです。
叩きこみですね。
1466シトロエンAX ベアリング501325445



底まで叩きこみ。
シトロエンAX ベアリング


Cリングを付けたら合体完成〜
癒されますわ〜〜(笑
シトロエンAX ベアリング