昨年、遠く八王子から連れてきた
認定中古車プジョー308の車検の時期がやってきました。

名古屋には大規模で有名なプジョー正規ディーラーがあります。
名古屋でプジョーといえば〇〇〇〇〇〇〇というくらい。
206の大ヒットに便乗して大きくなった会社ですねw

店構えもキレイで良い部分もあるかと思いますが、、、
出自を知っているだけにあまり信用してません。
出自で判断してはいけないのですが、
今現在でも色々な噂が飛び交ってます、ちょっと文章にはできない(汗

とか言いつつ、一応正規ディーラーなので106、SAXO系の部品買いにいくときは
使ってますけどw
部品はどこでも同じですから(笑

というか、名古屋にも他系列の販売店作って欲しい。
プジョージャポンさん、もう少しそのあたり考えて
名古屋地区で他社と競争させて欲しいものです。


そうなると車検整備どこでお願いしましょうか。
主治医M氏はどちらかというとシトロエン90年代車がメイン、&多忙。

フランス車の車検って20数年前にアトランティックモータースに
AXをお願いして以来、自分でやっちゃってるから情報がない。うーん。

熱田にもラテン系の店はある、理由は色々あるが行かないようにしてる。

岡崎、豊川あたりなら頼りになる某グループがある。


と、昔Dさんに教えてもらった岐阜のプジョー系に強い店を
思い出した!(赤い点ではないです)
ちと遠いですが、お願いしてきました。
プジョー 車検


ウチの月極が立駐だと知って、そこに入るように本来の代車から
206へ変更してくれました。
久しぶりに乗る206、モデル末期のテンロクモデルなのでよく走る走る!



見積もり概要。

オイルはASH 5W30  ディーラーだと否応なしにTOTAL INEO(高い!)
直噴対策で添加剤やらクリーン剤やら。
Fパッドはディクセルプレミアムのダストレスを指定。
ローターは交換ではなく、研磨処理。

ツボを押さえた整備、良い感じです。


ディーラーだとそういう対応しないし、責任とれません、って(笑
車検 点検 整備



研磨したローター。
ピカピカに研磨するのではなく、荒さを残すのが本当のローター研磨。
機械加工の痕跡はたまらんですね〜。
プジョー308


ローター研磨



リアは良い状態なので今回はこのまま、そして恐るべし、リアはベアリング一体型!!
なんということでしょう〜、ローター摩耗限度越したら自動的にベアリングも交換!
プジョー308



Fパッド、ディクセルプレミアム。
ディクセル プレミアム


肉厚!!
プジョー308



純正や、安い社外でも良かったけど、308特有?のオーバーサーボ気味の
踏み始めカックンが緩和出来れば、と効きの弱めなダストレスタイプへ。

あまりカックンは変わらないよ〜と言われてましたが、思ったよりも
改善出来てて、グッドです〜♪

プレミアムは表面にやすりが付いているらしいので当たりが早く出る。
今後の変化が早くわかるので楽しみ!


帰りに日進のアンドカフェへ。
アンドカフェ



そういえば。。。
一日数回はディスプレイに表示される警告、『クーラントを補充しなさい』が出なくなった。
規定量入ってても表示されるのが標準?でセンサーが暴走するらしい。
新品のセンサーに交換してもいずれ暴走するらしい(笑
対策品作らなにゃ〜PSAさん!

なので気になる人はコネクタを抜いてしまうらしい(レベルは自分で目視しろってことね)。
これはメジャーな対策らしい。
暴走したら毎回交換するお店もあるらしいが。。。

そんなウチのプジョーはといえば、
あ!
クーラントレベルセンサー プジョー


抜いて見えないように処理してくれたました(笑
クーラントレベルセンサー プジョー





帰宅後、壊れたチビの椅子を修理!
赤いとこが修理したとこ。
サベルトの古いやつを切り刻んで修理完了(笑)


サベルト


サベルト