点検時に指摘されていたリアパッド交換です。

パッド、ローター、キャリパー、ガイド、M字?ピン
の位置覚えですw
ロードスター ブレーキ


ロードスター ブレーキ



まずは邪魔なサイドケーブル外します。
おぉ、久しぶりに使う国産車サイズの工具。
14mm。
ロードスター ブレーキ



その横にあるボルトも外します。
ボルト外すと、中にコマがあってそれをクルクル回すと
ピストンが出たり入ったり出たり入ったり。。。
ロードスター ブレーキ





キャリパーは、ボルト一本勝負!
ボルト一個外すだけでのようです、ほほう。
黒い樹脂のキャップがあるので
ロードスター ブレーキ


指でグリグリ、とかペンチでグリグリ。
先端に突起があってペンチでつまみやすくなっております。親切設計(笑
ロードスター ブレーキ




すると固定ボルトが見えるのでそれを外す。
10mm。
ロードスター ブレーキ


これこれ
ロードスター ブレーキ



何か適当な支えをしてあげて、キャリパーを任意の位置で固定。
ロードスター ブレーキ



さっきの14mmボルトを外した中にあるコマを
4mmキーを使って反時計回りに回し、ピストンを戻す。
ロードスター ブレーキ



今回も安定の?アケボノ〜
ロードスター ブレーキ

ロードスター ブレーキ


古い君は3mmってとこですかね。ご苦労様。
新しい君は、パッド摩耗キーキー音発生装置がついてました。
ロードスター ブレーキ




ガイドとM字ピンです。
ロードスター ブレーキ


シムを移植してシム・パッド間、シム・キャリパー間にグリスを塗布。
ロードスター ブレーキ


色々あってパッド装着。
ロードスター ブレーキ


ピストンを時計まわりに回して手で工具が動かなくなったら1/3回転戻すらしい。
工具止まった位置だとローターまったく動かない。
上記戻しすると、両手でなんとかローター回せます的な感じ。

あ、
ブレーキフルードはピストン戻しのときに溢れないように要確認!

ああ、
意味のないところにグリス塗っちゃってる(汗

気づいたのは画像見てからなので後日拭きとります。
車齢が車齢だけに厚化粧は、、、やりすぎ注意ですね。
ロードスター ブレーキ


注:もっと詳しく作業内容工程がアップされてるサイトがあるので
  そちらを信用してください(笑




さて、諸事情でキッチンカウンターが必要となり、
財布の軽い我が家は手作りすることに(;'∀')

メタルラックをベースに白い板を化粧ボルトとスピードナットで留めます。
そして天板はパイン材を買ってきてニス塗り〜。
初めてのニス塗り〜。

水性だと脆弱だし油性だと塗りにくいしってことで
水性ウレタンニスというものを塗布してみました。

色はケヤキ色。

車の塗装と同じく下地が大切のようでペーパー当てて
平滑化します。
重ね塗りは数時間おいてから600番くらいのペーパーごしごし。



結構、、、面倒でした。
でも、仕上がりは満足満足自己満足♪
キッチンカウンター



廃材の丸棒と板が手元にあったので残ったニスを塗って
トイレットペーパーホルダーも作ってみたり♪
トイレットペーパー スタンド




ついでですが、長年愛用してたシェーバー壊れました。
交換できないキワゾリ刃の樹脂部分が崩壊してました。。。
新しいのはデザインも良くコスパもグッドです。
ブラウン